三郎と敬

三郎と敬 昭和15年頃か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA