昭和19年5月4日 母千代子から三郎への手紙 軍隊に征く我が子も病弱な我が子も 母の愛は海よりも深し…

 

今回は母千代子から三郎への手紙。

軍人となった長男、陸軍予科士官学校で軍人を目指す三男を心配しながらも、病気療養にて軍隊にも征けない次男のことを「可哀想だ」と我が身の病気も忘れ看病している。
将に「母は強し」である。

昭和19年5月4日 千代子から三郎への手紙①
昭和19年5月4日 千代子から三郎への手紙②
昭和19年5月4日 千代子から三郎への手紙③
昭和19年5月4日 千代子から三郎への手紙④
昭和19年5月4日 千代子から三郎への手紙⑤
昭和19年5月4日 千代子から三郎への手紙⑥
昭和19年5月4日 千代子から三郎への手紙⑦
昭和19年5月4日 千代子から三郎への手紙8

千代子の手紙は字が大きく(亭主の芳一とは対照的)読み易いが、今回は8ページに亘る”大作”である。幾つか誤字と思われる部分もあった。

解読結果は以下の通り。
注)■■は父芳一の知己で東京在住の方。
康男や三郎が上京した際にお世話になった。

**********************
三十日出しの写真受取りました。
なつかしく家中で見ました。
相変りなく元気で何よりだ。
家に居た時、兄様の服など
かりて、早く学校へ行き度い
と云れて着て見た時と同じだ。
矢張り年は争えぬ。まだまだ
大きくならねばいけませんね。
家にも別に変りありません。
敬兄さんも安静に三階で
休んで居ます。三十日に父様
は祇園へ行って大兄様と二人で
下宿へ行って、あらかじめ荷物を
しまって、自動車の便があったので
送りました。(新見様の荷物が広島
へ行ったので、其の帰りに積ませて
かえりました。)まあ、当分休まねば
いけまい。別に心配もないが、一寸と
無理をしたらしい。静養の必要が
いりますのよ。夏休みには見られます。
電蓄もかっています。病気する
子供は、なお可愛想だ。これも運命
とあきらめねば仕方がない。
せめて軍隊に出てからならとも
思うが、世の中は一升にあまる事
はないと昔から云うが、ほんとだよ。
大兄さんも六月中は広島にまだ
居られるらしい。二十六日から四日間、大阪
の方へ実習に行ったらしい。大阪では
大もてであったとか。汽車のせいげん
で、なかなか帰って来ませんのよ。
お前の写真も兄さんへ送ってあげろ。
芳子も元気で休みなく通学して
います。三次の桜も散りて
今はツツヂの盛りですよ。
内のカヂカも去年と同じく
元気です。三階で兄さんと寝て
います。夜三階で居れば尾関山
の下の川で、カヂカが鳴ているよ。
兄様が病気せねば、家で三人の出世
を祈って他の心配はないけれどね。
敬が帰ってからは、私の病気は
どこへ行ったやら。とても元気になった。
メタボリンの注射もやめて、敬にして
います。三階の上り下りも一日一回
でも、足がだるくていけなかったのに。
一日には何度するか知れんが、夜分は
すっかりつかれてねますれど、又朝
は早くから眼がさめて、父様と
二人で看病しています。私等が
ついているから病人の方は心配せんでよし。
夏休みに帰るのを待って居るよ。
先日、隊付きで居られた代々木様が
帰られて宅へ来て下さった。
もし、豫科へ行ったら面会して
やると申された。よい軍人さんだ。
よく聞いてみると、あの人はお母さん
が、ちがっているのだそうだ。
前の母さんは死れたのだとか。人の
話だ。一日も元気で生人する
まで生きて居たいものだ。
■■様方へ何か送りたいと心配
して、田舎からウドンを心(手?)配した
から近日送ります。
■■の奥様からも手紙を今日
頂いた。お前は気嫌(気兼?)はせんでよろしい
から、外出の時はよりなさい。お礼は
きっとしますからね。
今度の外出は中旬の休みですか。
兄さんの方へ滋養を取るのに心配す
るので、お前へにも何か送ってやり度い
が、前の様に入手出来んので、気に
かからん事はないが、送る事が出来
ん。小包の都合も悪いし許して
くれよ。毎日気にはかかるのだがね。
お前は家の事は心配する事はいらぬ。
敬兄さんの病気の事も知らせん方が
よろしいとは思ったが、何れは知れる
と思って、つい書いて。心配させたね。
■■へ送った小包の中に食べる
物が入れてなかったから、何だか
淋しく思ったであろうが、都合が
悪いからね。入用の物があった
ら知らせなさい。出来たら送ります。
忙しくなかったら、板木へも時々は
便りをしてあげよ。お祖母様も年
だから、元気そうでも、まあ先は
短いからね。父様も来る
六、七、八日と福山で主事会議
があるので出席される。父様も
なかなか忙しい。母さんが畑の手入れも
ようせんので、みなやられる。日曜日も
度々はないし、私も今年だけ
用心すれば又、何でも出来るからね。
大掃除があるが、今から気にしている。
まあ、其の時はどうにかなりましょう。
今夜は雨が降っている。オコタは
いらぬ様になったよ。
旧官内の藤井へ便りをしたか。
出逢うたびにお前の話をされるからね。
又、父様からも便りがあろう。芳子も
送るよ。元気でやってくれよ。
病気では駄目だからね。
今夜はこれでおやすみするよ。
明日も元気でやってくれ。よくねむれよ。
五月四日 夜九時半
三郎どのへ              母より
**********************

親にとってどの子が可愛くてどの子は可愛くないなどない。
況や、我が腹を痛めた母親からすれば尚更どの子も可愛いに決まっている。
しかしながら、病に倒れ身近で療養する敬は母から見て最も「可哀想」な存在であったのであろう。

千代子は軍人となり戦争に征く事が必然となった康男や三郎のことはもちろん心配であるが、国を挙げて戦っているさ中に自分自身が思うに任せない「やるせなさ」を敬本人以上に感じていたのかも知れない。
もっとはっきりと言えば、例え病弱であっても戦争に征かなくて済むのなら母親にとってそれはそれで良い事であったと思うが、当時の状況では世間の目を気にしないで生きて行く事は難しかったのではないかと思う。
このまま肩身の狭い人生を送る敬を不憫に思ったのも無理はない。

「世の中は一升にあまる事はない」の意味がよく解らなかったのでググってみた。
多分「一升徳利に二升は入らぬ」と云う故事のことではないかと思う。
「能力以上の事を望んでも無理」と云った意味らしいが、健康な息子は出征し病弱な息子は肩身が狭い人生を強いられる戦時下では「これも運命とあきらめねば仕方がない」のが多くの母親たちの慟哭であった…

「敬が帰ってからは、私の病気はどこへ行ったやら。とても元気になった」とあるが、その後の状況からすると元気になったのではなく、不憫な息子を護る爲に母性が理性を凌駕してしまったのであろう。

母の愛は海よりも深し…である。

 

昭和19年5月5日 三次中学同級生Mさんからの手紙 親友へ、そして自身へのエール…

 

 

今回はこれまで何度か投稿してきた三次中学の親友Mさんからの手紙。

残すところ二十日余りとなった陸軍予科士官学校も試験に備え猛勉強中のMさんからの、三郎への、そしてMさん自身への檄たる手紙である。

昭和19年5月5日 三次中学の親友Mさんからの手紙①
昭和19年5月5日 三次中学の親友Mさんからの手紙②

解読結果は以下の通り。

***********************
拝啓 三原三郎君。青葉の五月となり心身の
ひきしまるのを感ずる様になった。今日、五月節句
であるけれも、時節柄鯉昇りは見られず、それ
に代って飛行機が「此処にも日本男児あり」と
叫んで居る。貴様相変らず振武台を
馳せていると思う。俺も相変らず元気だ。三中も
今頃は大改革が断行され、皆張切って、日夜犬目
的に邁進している。今貴様三中に帰って見たら
恐らく吃驚するだろう。貴様と別れてから
早数ヶ月を経過した。軍隊生活にも馴れた事だ
ろう。近頃貴様はどんな事を學んでいるのか?
貴様必ず他人に負ける事なく、天下第一等の人
となり、三中の名声を天下に鳴らし給え。
俺の目指す大目的も目焦に迫った。余す所二十日
ばかり。必ず入るから安心して呉れ。一日も早
く軍服が着度いよ。貴様の軍服姿が見度い。
写真が出来たら一枚御願いする。
今日、柔道主任の木原先生の後任として、信永
先生を迎えた。照国みたいなデブだ。
尾関山の桜も散った。辺りは実に美しい。山が!!
高谷山も、寺戸山も、比熊山も緑だ。
つい忘れかけていた。――砂田義憲君は九州帝
大付属工高に入学した、がその後任副級長として
熱血男児、佐藤博君が撰ばれた。栗本も元
気で陸士・海兵の試験の爲に頑張っている。森保
も相変らず元気!!
吉か不吉か知らんが、三中の十二教の教室
の前の廊下に燕が巣をかけたよ。
「三原君!!」――ではない「三原!!」「三原!!」と永い間
親しくして来たが、君と別れて淋しいよ。然し
君が陸士を卒業し、俺が陸士か海兵を卒業して
共に立派な軍人になって、共に戦場で語る事を
思えば実に楽しいよ。
六月にもなれば吾々は通年動員として、四月が
六月が知らんが、軍需工場でペンを置いて働く事
となるだろう。然し喜んで働くよ。
気候の変り目、健康に充分注意あれ。
断片的にだらだら書いた。御免。
五月五日       ■■■■
陸士生徒
三原三郎 殿
「俺だ貴様だ」と大物を云ったがゆるしてくれ。
軍人志望の僕だから。
***********************

五月五日(端午の節句)は男子の健康を祈願する日であるが、さすがに戦時下に於いては「鯉昇り」は自粛していた様子である。
それでも「青葉の五月となり心身のひきしまるのを感ずる様になった」と端午の節句に相応しい心境を語っている。
現代の世の中では「ゴールデンウィーク」として休暇を謳歌しながらも、片や「五月病」などと心身や体調の悪化を訴える季節と変わってしまっているが、当時の人々から鼻で笑われそうな有様である。

「鯉昇りに代って飛行機が…」とある。
実際に飛行機が飛んでいたのかも知れないが、広島の山間部の三次上空を当時日本軍機がどれだけ飛んでいたのか疑問であり、ちょっとググってみたところ以下サイトに戦時下の端午の節句のレシピとして「飛行機メンチボール」なるものがあったことを発見した。

https://kazu4000.muragon.com/entry/347.html

ひょっとすると、この「飛行機」をさしていたのかも(?)知れない。

さて、目前に迫った陸軍予科士官学校受験を控え焦りや不安はあるに違いないが、自信がある様子で軍人として三郎と再会することを楽しみだと語っている。

何度も言うが、当時軍人になると云うことは「かなりの確率で命を落とす」選択であった。
現代の我々が「ゴールデンウィーク明けに五月病になれる」のも命を懸けて戦って下さった先人のお蔭であることを肝に銘じたいものである…

余談だが、今回投稿した手紙の封筒は再利用されたもので裏返してみると元々は「南満州鐵道株式會社」の印刷のある社用のもので、Mさんのお父様がお母様宛に出されたものと思われる。
珍しい封筒だったのでご参考までに…

Mさん封筒の裏側に「南満州鐵道株式會社」

昭和19年5月10日 康男から三郎への葉書 龍顔?佳節?寿ぐ?

 

 

久し振りに長男康男の葉書である。

先日三郎が実家に送った手紙の内容と写真が康男の手許に届いた様で、その辺りが話題になっている。

昭和19年5月10日 康男から三郎への葉書

解読結果は以下の通り。

***********************
そろそろ暑さを覚ゆる時候となった
が、其後元気でやっているか。先日家の方
から写真が届いた。制服がなかなか似合う。
外出して撮った分も早く見たいものだ。
天長節観兵式には参列、龍顔を拝
する光栄に浴したそうだが、兄さんはニュースで
盛儀を偲んだ。兄さんは船上で佳節を寿いだ。
だんだん暑くなる、伝染病に罹らぬ様厳
重に注意する事。事項柄、特に精神の緊張を緩め
ない様に頑張れ。 では又。
***********************

「龍顔」、「佳節」、「寿ぐ」と現代ではあまり使わない様な語彙を使っている。
それほど、天長節観兵式で三郎が大元帥閣下(天皇陛下)を至近距離で拝顔したことは三原家にとって”大事件”であったのであろう。
もちろん康男も羨ましく思ったに違いない。

因みに
・龍顔:天子の顔
・佳節:めでたい日。祝日
・寿ぐ:言葉で祝福する。祝いの言葉を述べて、幸運を祈る。「言祝ぐ」とも

伝染病に注意せよとの忠告がある。
当時の伝染病と云えば「結核」のことである。当時はある意味「国民病」であった。
しかし(小生も詳細は聞いておらず正確ではないが)おそらく千代子も敬も結核だったようで、その辺りの事情も康男は心配していたのであろう…

 

昭和19年5月16日 父芳一から三郎への手紙 「兄さんも光栄に浴したぞ…」

 

今回は父芳一から三郎への手紙である。

葉書とは異なり文字は大きいのでそれなりに読み易いのだが難読文字が幾つかあった。

 

昭和19年5月16日 芳一から三郎への手紙①
昭和19年5月16日 芳一から三郎への手紙②
昭和19年5月16日 芳一から三郎への手紙③
昭和19年5月16日 芳一から三郎への手紙④

解読結果は以下の通り。

注)■■は芳一の知己で東京在住の方。
  康男や三郎が上京した際にお世話になった。

************************
其後元気で勉強に訓練に励しんで居ると思う。
先日写真を送ったが、あまり上出来でないので、他人には
やらない。市中で写ったがよかったら、お前の友人などにも
やってもよい。森保君も来ない。
学友とは書面の交際はしているか。人は一生交際を忘れて
はいけぬ。殊に竹馬の友とか、戦友とかは又格別だ。
■■さんとお父さんとの如き、よい実例だ。まだお父さんには
別にも親友がある。友ほどよいものはない。己に勝る
よき友を撰び求めて諸共に と云う歌の文句の通りだ。
家には、敬さんが四月上旬、身体に異和を感じ、十一日夜突
然熱発。十八日に帰宅して以来三階で療養に努めて
居る。熱も下冷し状態は極めて順調だが、何分、体質が
弱いので、相当な期間静養さすつもりだ。一歩誤れば
死だから、大いに注意して居る。お母さんもお父さんも
一生懸命に養生さすべく努めて居るから別に心配するな。
お母さんもほとんど元の体に回復した。栄養物も可なり手に
入って居る。板木のおばあさんから、卵も切らさぬ様に送って下さる。
お魚も次々と手に入る。兄さんは先づ高級客待遇で
やって居る。
一寸、十四日午後四時頃、康男兄さんも帰宅して、敬に「安臥
読書器」を買って帰ってやった。敬は喜んでそれを使っ
て毎日読書して居る。
■■君の家へ先日ウドンを六束送って置いた。何分近頃
よいものが手に入らんので困る。
お前は、菓子、果物など、外に不自由はないか。
身のマワリ品で入用の品あれば様子せよ。出来るだけ
送ってやる。
近頃、外出したのか。暑くなるから身体に無理をせぬ様
充分注意して、勉強せよ。
銀行の隣りの代々木巡査の御長男も先日、豫科を済ませて本
校に入られたらしい。私の宅へも一寸挨拶に来てくれた。
区隊長は矢張り前田大尉か。河村君達も無事か。区隊長
河村さんなどには一応手紙を出しただけだ。又最近手紙を
出すつもりだ。
康男兄さん、まだ当分宇品に居るらしい。六月末頃四国方面
へ転属になるかも知れんが不明だ。
三次も大分暑くなった。今年は畑のものがよく出来た。お父さん
が熱心にやるので、馬鈴薯も大分大きく伸びた。夏豆も
長く伸びて花ざかりだ。夏休みにはお前にも御馳走するよ。
三中の先生や友達にも時々通信せよ。
此頃、中等学校も国民学校も食料増産に一生懸命で、学
課の方は一ヶ月十日位しかやらないらしい。
近所にも前に変りはない。
身体の調子がよくない時は、早く受診して養生せんと
いけぬ。健康第一だ。
康男兄さんの所へも先日、高松宮、東久邇宮さんが来られて
一週間食事も一緒であったらしい。光栄に浴したとのことだ。
夜分寸暇でもあればハガキを送れよ。
では大事にせよ。■■さんへも時々ハガキを出せよ。
五月十六日 午後五時半 認む
父より
三郎さん
************************

芳一が社交的な人間であったことは以前このブログでも触れたが、三郎へも「友ほどよいものはない」と説いている。
小生が芳一の”社交性”を実感したのは芳一の葬儀の際(小生が中学卒業直前の昭和50年3月)に、当時外務大臣だった宮沢喜一氏からの弔電が届いた時である。
弔電が読み上げられると式場が「ほうー」とざわめき、小生も驚くと同時にちょっと鼻が高くなった気がしたことを覚えている。
まあ、宮沢氏と直接面識があった訳ではなく偶々氏の選挙区に住んでいたので秘書或いは後援会の方と面識があったからではないかと想像するが、いずれにしても人脈は豊富であった様である。

療養中の敬の様子、回復(?)した母の事、食料・物資の調達が難しくなってきた中でもなんとか栄養のあるものは調達できている事などが書かれている。
但し、三郎に余計な心配をさせまいとしているだけかも知れず本当に調達できていたかは疑問であるが…

先日の三郎からの手紙にあった「天長節大観兵式での拝顔の光栄」に対し、長男康男も「高松宮、東久邇宮さんが来られて一週間食事も一緒」だったと報告がされているのが微笑ましい。

「夏豆」とは枝豆のことだと思う。
芳一は小生が子供の頃も我が家の裏庭で枝豆を作っていた。
たわわになった枝豆を引っこ抜いて鞘の部分を手でしごいて落とす。
今にして想えば、採れたての枝豆を湯がいて食べるのは最高の御馳走だった…