昭和19年6月28日 母千代子から三郎への手紙 心配事、言伝、愚痴等々…取り止めもつかぬ事を永〃と

 

今回は母千代子から三郎へ宛てた手紙。

前回千代子が三郎に宛てたのは6月4日でひと月経っていないのだが「永らく御無沙汰して居ります」と書き出している。
当たり前であったとはいえ携帯やメールは存在せず電話さえ使えない環境での手紙のやり取りである。我が子想う母親にとっては将に「一日千秋」の想いであったであろう…

昭和19年6月28日 千代子から三郎への手紙①
昭和19年6月28日 千代子から三郎への手紙②
昭和19年6月28日 千代子から三郎への手紙③
昭和19年6月28日 千代子から三郎への手紙④

昭和19年6月28日 千代子から三郎への手紙⑥

解読結果は以下の通り。
注)■■は芳一の知己で東京在住の方。
康男や三郎が上京した際にお世話になった。
************************
永らく御無沙汰して居ります。其後も相変
りなく元氣で勉強しています事と思います。
先日はお便り有難くその返事は父様
が何とか様子された事と思いますが
家の方には別に(変り?)ありません。兄様も二十五日の
日曜日に一寸帰省と電話していましたが
矢張り都合で帰る事が出来ませんで
した。七月になったら三島へ転隊すると
か。広島も今しばらくお別れだと申して
居ります。夏休みまで広島に居れば
よろしいが二三ヶ月が半年も居られたので
此の上充分は申されませんよ。
敬兄さんは快方に向って一寸他人が
見たところでは病人とは見えませんよ。
まだまだ養生をさせるつもりです。
芳子も二週間も続けて田植にでました。
少しつかれが出たらしいですが別に
休む事もなくやって居ります。
父様も元氣です。二十五日から二十八日まで
高田郡方面へ久しぶりに出張された。
三次の中所の方は雨が降らぬので水
がなくて田植になりませんのよ。
それから甲種予科練習生が伍長に
なって三次から出た子供が休みをもらって
久しぶりに二十四日に帰って二十八日には三次
を立って帰隊。七月中旬に卒業式
があって七月末にはそれぞれ外地に向う
とかお別れの気持ちの休みかとも思うが
藤川君も私の方へ来てくれた。お前の
後に送った写真を一枚渡したよ。
此度はお前とは何時逢えますやらと
申して居たよ。三年生から出た米やの
前岡君の父様も親子久しぶり
に逢ってよろこぶ間もなく父様に召集が
来て七月一日入隊とか親子ともども目出
度い事だ。
母様も六月で婦人会の班長の任期
満了致し(成可現班長の留任を)との
ことだが二年も續けてつとめさせていただ
いたのだから家庭の都合もあるし退せて
いただく事にした。母さんも兄様が病気
だし家の事が多忙で充分勤められん
から兄様にお嫁さんでもとりたら又
世話させてもらいます。
兄様のお嫁さんを次々進めてもらいます。
今一つ話しが進みつつあります。
中学校四年五年は二十六日に来年
三月まで呉へ行きましたよ。
夏休みに帰っても同級生には逢えん
かも知れませんよ。今日■■様よりハガキが
来ました。三郎君もあれ以来外出がない
らしい。よってくれないと申してよこされた。
二十八日には父様も出張先から帰られるから
御返事されると思います。
父様が苦心して作られたがジャガイモが多
くとれましたよ。種イモをもらったから一〆に対し
て三貫匁の供出にして私の方には一〆匁
もらったから三貫匁出してあと七貫匁
位は残ります。供出をほしまれる家も
あるけれど出して又お米へつけてもらうのだ
からね。気持ち良く出さねばいけませんよ。
沖の方には矢張り出さない方らしい。多く
作りながら。今夜はこれでよします。
取り止めもつかぬ事を永〃書きましたね。
暑くなるから充分気をつけて此の上ともに
勉強してくれよ。上官の命を良く守り
友達とは仲よくしてね。三郎さんはよくよく
心得えて居ますからね。たのみますよ。
************************

「取り止めもつかぬ事」が「永〃」と綴られている。

長男の康男は近く広島から愛媛の三島へ転隊するらしい。
これが戦地への出兵を意味するかもしれないことを千代子は知っていたのだろうか…
次男の敬は快方に向かっているとは言うものの未だ病床にあり「まだまだ養生をさせる」必要がある。
長女の芳子は女学校に入学したばかりなのに「二週間も続けて田植にで」て疲れている様子である。
父芳一は「元気です」

自分自身(母千代子)含め家族全員皆「大変」である。
いや、当時は日本国中が同じような状況であった。

「甲種予科練習生が伍長になって」一時帰郷したとある。
当時軍隊に於いても最精鋭で若者の憧れであった「飛行機乗り」である。
外地へ向かう前の一時帰郷だったらしく単なる帰省ではなく「今生の別れ」となる可能性も高かったであろう。
千代子からすれば康男や三郎ともそう遠くない将来に同様の再会がある筈であり心穏やかならぬものがあったではないか…

三郎の同級生や下級生であった三次中学の五・四年生は通年動員で呉海軍工廠の軍需工場へ動員されていった。

「小中高の春休みまで休校」や「外出自粛」等で今般大騒ぎの「コロナ新型伝染病」も大変な事態であるが、(軽重を比べる訳ではないが)こと「国民に強いた大変さ」と云う意味においては当時と比べるまでもないであろう。

国家の存亡を賭けた大変な時代であった。

 

昭和19年7月2日 三次中学同級生FUさんからの葉書 鹿児島海軍航空隊 いわゆる予科練…

 

今回の投稿は三次中学の同級生で「甲種飛行予科練習生」いわゆる「予科練」として鹿児島の海軍航空隊に入隊されていたFUさんからの葉書である。

先日一時帰郷した際の故郷三次や同級生達の様子を伝えている。

昭和19年7月2日 三次中学同級生FUさんからの葉書

解読結果は以下の通り。

************************
拝啓 長らく御無沙汰したが貴様元気か。勿論元気
だろう。俺も元気か?元気だ。二十一日より帰省がかなって
本日帰隊した所だ。帰省中の感想をのべたい所だが紙が
ないので止めておく。兎に角三次は変っては居ない。まあ尾関
山や土手が畠になっている位のものだ。しかし君や桑原が居
ないので物足ない感じがした。つまり淋しかった。君の家には皆元気
だから御休神下され度候。二十六日は四年五年が挺身隊として
呉へ行った。非常な張切り方元気で出発した。俺達はそれを
見送りに帰ったような形になった。あいつらとは十分會い又遊
びもしながら心おきなく行ったと思う。二十七日は一寸学校へ行って
一席辨じたけれど元よりあまり口が達者でないので赤くなったり
青くなったり七面鳥が顔負しそうだ。然し皆感銘したようだった。
長い事便りをしなかったので気分を悪くしただろうが切角君から
もらった葉書を置き忘れていたのだ。許して呉れ。君の写真は君の
家へ行った時君のお母さんから一葉もらった。ではお体を大切に。
お互いに頑張ろう。
************************

当時の若者達の憧れでもあった「予科練」である。
戦況の悪化に伴う増員もあったとは言え頭脳だけでなく身体も優秀な人物しか入隊できない狭き門である。
当然FUさんも非常に優秀であり葉書の内容だけでなく達筆からもそのことが推し量られる。

葉書には赤鉛筆で米軍機らしき「空ノ毒蛇エアーコブラ(P-39か?)」とそれを撃墜せんとするゼロ戦とおぼしき「新鋭セントーキ」の戦闘シーンが描かれている。

「新鋭セントーキ」と「空ノ毒蛇エアーコブラ」

優秀であっても17~8才の青年である。
まだまだ子供の一面を持っているのだ。

「予科練」に関しては多くのサイトで当時の様子などの詳細が語られており、拙ブログでの解説は無用であるが、当時戦況の悪化は著しく、「予科練」は空だけでなく海でも特攻隊員の養成所の様相を呈していたようである。
以下サイトを参考頂きたい。

https://www.yokaren-heiwa.jp/blog/?p=2260

https://www.yokaren-heiwa.jp/blog/?p=2277

https://www.yokaren-heiwa.jp/blog/?p=2303

https://www.yokaren-heiwa.jp/blog/?p=2321

https://www.yokaren-heiwa.jp/blog/?p=2363

https://www.yokaren-heiwa.jp/blog/?p=2394

「特攻隊」に関しては現代に於いても賛否両論あるが、特攻に於て殉死された方々を「英霊」として崇めることは決して戦争を美化しているのではなく我国の国難に際して勇敢に戦って下さった方々への感謝と弔いの表現であると小生は思う。

FUさんが「特攻隊員」になられたか否かは定かではないが…

 

昭和19年7月4日 父芳一から三郎への手紙 康男マルユ学生卒業 マルユ?…

 

今回は父芳一から三郎へ宛てた手紙。
相変らず芳一の文字は難読が多い。二三か所怪しい部分があったが大勢に影響はないのでご勘弁願う。

七月に入り時候も梅雨から夏へと変わり、時の流れは玉葱、夏豆、ジャガイモ、ナス、キュウリなどの作物だけでなく「戦局悪化」も実らせていた。

長男康男は四国の暁部隊へ転隊し新たな隊務に着いた。

昭和19年7月4日 芳一から三郎への手紙①
昭和19年7月4日 芳一から三郎への手紙②
昭和19年7月4日 芳一から三郎への手紙③

解読結果は以下の通り。
注)■■は芳一の知己で東京在住の方。
康男や三郎が上京した際お世話になった。

************************
雨のない梅雨と農家は雨を待って居たが最近雨も降り田植
も大体済み嬉しい事だ。何と云っても稲の植付けは一億国民
の生命線だから。其後元氣で実務勉励中との事
安心した。家にも変りない。敬さんも近頃よく肥って
毎日家の中でコソコソして居る。寝ても居られないらしい。
しかし今暫らくは静養して絶対安全迄は勤務させぬ
つもりだ。康男兄さんも六月三十日夕方帰宅。七月一日
正午頃お父さんと一緒に出三次。千田町の下宿を引拂って
四国地へ移った。六月三十日マルユ学生卒業。三島の部隊では
実習か部下教育か 兎に角一応学生と云う事を済めた
訳だ。住所はまだ連絡しないが
愛媛県宇摩郡三島町暁部隊陸軍少尉――――様
で多分届く筈だ。康男から書面が行くだろうから
それから通信してもよい。
敬に宛てたハガキ七月三日に着した。兄さんから返事する
だろう。四五日前に書留小包で注文の文房具用紙類
を送ったが届いたやら。届いたら「無事故到着」の旨ハガキ
で返事せよ。
先日■■君からハガキ来た。お前も四月以来外出なきか
来ぬ との事。時局緊迫のため外出がないのだろう とあった。
魷の焼いたのでも送りたいと思って居るがまだ準備が出来
ぬ。
待望の夏休みも一ヶ月の後になった。無事で帰省する
様に 待って居る。トランクが入用なら早く知らせよ。買って
■■君宅へ届けて置かぬと間に合わぬ様になるから。
藤川君 宍戸君等予科練の連中六月下旬に休暇
で帰省。上着白黒ズボンに帽子に白覆した凛々しい姿で
挨拶に来た。お前等と逢う事はもうあるまい。
八月から飛行機に乗るんだそうな。
康男兄さんにお嫁さんを貰ってやり度いと 三原校長や其他
の人が心配して居て下さる。上下町と甲山町と二人お父さんが見
に行った。上下の方はお断り 甲山の方 昨日見に行ったがそれも
ドウでもよい位だ。急ぐ事もないが なるべく内地に居る間
にと思って居る。年内は内地に居るらしいので。
お前が手伝って植えた玉葱は十貫程出来た。夏豆も四五瓩
出来た。休暇にたべさすよ。ジャガタラ薯も七八貫とれた。
目下キューリが毎朝四五本はトレルよ。ナスも大分大きく
なった。お母さんも元氣になり家の世話をして居る。芳子も毎日
通学して居る。時候に注意し寝冷えせぬ様にせよ。では又。
七月四日朝八時十分書き終る。
父より
三郎様
************************

康男が「マルユ学生卒業」とあるが、「マルユ」とは何か?
小生もこの手紙を読むまでは知らなかったのでググってみた。

康男が所属していた「暁部隊」とは大日本帝国陸軍に於ける船舶運用部隊で、兵員や物資の輸送を任務としており輸送艦の「ゆ」から「マルユ」と呼ばれていた様なのだが、当時米潜水艦による陸軍輸送船団の消耗が著しく潜航による輸送を画策していたことから正確には「潜航輸送艇」を「マルユ」と呼んでいたらしい。

詳細は以下サイト参照願う。
http://www.gearpress.jp/blog/?p=5986

予科練へ行った同級生達が一時帰省し挨拶に来た旨の件に
「お前等と逢う事はもうあるまい。」
とあるが、ひょっとすると芳一は彼らが「特攻隊員」として今生の別れに来たと感じていたのかも知れない…
ならば、康男が同様の境遇に居るかも知れない事も気付いていたのかも…

「嫁さがし」も複雑な心境だったであろう…

 

昭和19年7月4日 敬から三郎への手紙 物のない時代…

 

今回は病気で静養中の次兄敬から三郎に宛てた手紙。

以前の手紙では過激な言葉で三郎へ檄を飛ばしていたが、(病気で)家族に迷惑を掛けてしまったと云う負い目からか多少の自虐も含めた大人しい内容になっている。

昭和19年7月4日 敬から三郎への手紙①
昭和19年7月4日 敬から三郎への手紙②
昭和19年7月4日 敬から三郎への手紙③
昭和19年7月4日 敬から三郎への手紙④

解読結果は以下の通り。

************************
どうだ、其の後手紙を見ると元気の様
だが、まあせいぜい張切って御奉公して
くれ。充分体に気を付けて兄さん見
たいに張切ったのは良かったが… 此んな
事になって終い仕事は出来ず皆には
心配掛けるし何も得はない。一番損だ。
呉々も気を付けてくれ。
今は大分良くなりどうにか起きて
居る。未だ外には出ないが家の中でごそごそ
している。安心してくれ。殆ど大丈夫と思う。
ぼつぼつ相當ごちゃごちゃしていた本箱
や色々の本の整理をしている。芳子も良
く手傳ってくれるのではかどる。
芳子のは敵は本能寺でノートの古いの
を出しては使ってない所を切っている。
今頃の子供は変ったよ。仕方はないと言
うものの新しいのを余り使わない。
そんなのを持っていると気が引けるのかも
知れぬ。今になって自分等のノートの
残りが役に立った様な訳。
きゅうりが沢山なるので毎日きゅうり計り。
小学校の壁際(家の前の道路の)にづうー
と南瓜を植たのがもう沢山実がなって
いる。早く家に手を付ければよかったのに
小学校に先手をとられて終った。
毎日大きくなるのを見ているだけ。
畠の南瓜も大きくなり道行く人が
皆立止まって見ている。御父さんが大き
な棚を作られたので。
“なす”も元気良く大きくなりつつある。
ぢゃがいもが十貫計りとれた。三貫計り
献納して七貫程ある。
豆も沢山とは言えぬ迄も畠に位べて良
く出来た。
今日板木の御祖母さんが来られた。
税務署に要件があるとかで
今晩は泊まられる。
今日は此の辺りで
元気で勉強せよ
 四日
        敬
三郎殿
************************

「敵は本能寺」…
物資が不足しノートや便箋も新品を持つことが憚られた時代。
我が母芳子は敬の本箱整理の手伝いをしながら、兄達が使ったノートの未使用ページや未だ使えそうな余白部分を切り取って「再」利用していた様である。

以前にも述べたと思うが、息子である小生から見て芳子は決して「ケチ」ではなかった。それどころか身の回りのモノ(食器類や衣類、電化製品等)に関してはこだわりがあれば結構値の張るモノでも購入していた。

しかしながら「あの時代」を経験した世代だからであろう…何時使うかわからない様な包装紙や紙袋、古着など「捨てられない」ひとでもあった。

鉛筆を小刀(肥後守と云う折畳み式のもの)で削るのがとても上手だった。
紙縒り(コヨリ)も細くてピシッとしたものを縒ることが出来た。

「お母ちゃんはねぇ、クラスで一番上手じゃったんよ」と自慢たらしく幼い小生に鉛筆を削ったり紙縒りを縒って見せてくれたものである。

日本中にモノが溢れ何でも手に入る便利な世の中にはなったが、小刀で鉛筆を削りピシッと紙縒りを縒れる人はどれくらいいるだろうか…

 

昭和19年7月5日 康男から三郎への葉書 愛媛県宇摩郡三島町字中ノ庄に転地…

 

今回は長男康男が四国へ転隊後すぐに出した葉書。

康男は宇摩郡三島町にあった暁二九四〇部隊矢野部隊(陸軍潜水輸送教育隊・通称マルユ部隊)に配属された様である。

肉体的にも精神的にも疲れていたのであろうか、文字も多少「殴り書き」の様である…

 

昭和19年7月5日 康男から三郎への葉書

解読結果は以下の通り。

************************
拝啓 本格的な夏を迎えんとする候と
なったが、其後どうだ。訓練も暑さの砌、
仲々苦しい事と思うが、今緊張を欠いたら
今迄の苦心も水の泡となる。大いに自粛、百戒。
体には細心の注意を要する。八月ともなれ
ば帰省の機会もあるとの事。家では楽しみ
にして待っている。小官、本月初め当地に転じ
て新しく服務している。田舎はおおらかで、
仲々よろしい。帰郷して御前と会える
機会を今から待っているが、どうなるか分らん。
とにかく充分体に気をつけて頑張るべし。
早々
************************

康男の新しい住所は
愛媛県宇摩郡三島町字中ノ庄○○○○方
となっている。
現在の四国中央市の三島中ノ庄辺りであろうか。

当時帝国陸軍は戦艦や船舶をほとんど失っていた帝国海軍に頼らず自力で戦線へ物資を輸送するために中型潜水艦マルユ(○の中にユ)を極秘で開発・製造しており、康男はその潜水艦の運用任務にあたったと思われるが、この同時期に暁二九四〇部隊矢野部隊は小豆島に「陸軍船舶幹部候補生隊」を設置し「海の特攻隊」と呼ばれた通称マルレ(○の中にレ)艇の訓練を開始しておりそちらの作戦行動に関与していた可能性もある。

小生、これまで「特攻」と云う史実についてそれなりに理解しているつもりであったが、今回肉親である康男(大叔父)がこの「特攻」に関与していたかも知れない事を知るにつけ、これまでとは違った視点からこの「特攻」を知らなければならないと感じている。

「帰郷して御前と会える機会を今から待っているが、どうなるか分らん」
帰郷の予定も定かでなかったのは極秘任務にあたっていたためなのかも知れない…