昭和19年6月18日 三次中学同級生Fさんからの葉書 ”通年動員”と云う重圧… 

 

今回は三次中学同級生のFさんからの葉書。

これまでFさんの葉書は当ブログに2回(2019/5/6、7/23)投稿しているが、我が国を思う気持ちが強く、かつとても生真面目な方だと云う印象が強い。

熱望する(旧制)高校への入学を目指し努力している最中の「通年動員命令」はFさんに苛烈な重圧となって圧し掛かって来たようである…

昭和19年6月18日 三次中学同級生Fさんからの葉書

解読結果は以下の通り。

************************
既に初夏の候と相成りました。貴方其の後如何が
御過日かとお伺い申し上げます。小生相変らず、現
在迄、日を送って参りました。明日知れぬ国家を
思う一念に燃え滾れる我身も、今日まで楽しい
日々を過ごせし事、実に在り難き極みです。待ちに
待ちし動員も(御存じでしょうが)目前。廿六日に迫逼し、我身を
我が精根を何処迄も発揮すべき時と思うの
外はありません。大いに頑張り貫きます。して
万一我が希望を達成し得れば幸いと覚悟致し
て居ります。先づはお伺い旁々述意まで。
************************

以前の投稿の内容からは「一刻も早く国家の役に立つべく」と思いながらも(旧制)高校への想いを断ち切れず、「卑怯者」の誹りを覚悟して(実際には誰もそんな事は思っていないのだが…)自身の目指す進学へ邁進していたFさんであったが、その矢先の「通年動員命令」である。

「明日知れぬ国家を思う一念に燃え滾れる我身も、今日まで楽しい日々を過ごせし事、実に在り難き極み」や「万一我が希望を達成し得れば幸いと覚悟致し」の部分はまるで戦地に赴く兵士の「遺書」の様な記述であり、ある種の落胆が読み取れる。

国家の非常事態と理解し納得しようと苦しんだのであろう。
無念さは計り知れない…

 

投稿者: masahiro

1959(昭和34)年生まれ。令和元年に還暦を迎える。 終活の手始めに祖父の遺品の中にあった手紙・葉書の”解読”を開始。 戦前~戦後を生きた人たちの”生”の声を感じることが、正しい(当時の)歴史認識に必要だと痛感しブログを開設。 現代人には”解読”しづらい文書を読み解く特殊能力を身に着けながら、当時の時代背景とその大波の中で翻弄される人々が”何を考え何を感じていた”のかを追体験できる内容にしたい。 私達の爲に命を懸けて生き戦って下さった先達を、間違った嘘の歴史でこれ以上愚弄されないように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA