昭和19年8月1日 三次中学同級生MOさんからの葉書 「勤労動員は夏季休暇無しだよ~( ノД`)…」

 

今回は(これまで何度か投稿したことがあるが…)三郎の幼馴染で三次中学同級生のMOさんからの葉書。

6月26日に呉海軍工廠への勤労に動員されてから一ヶ月程経過してからの便りである。

昭和19年8月1日 三次中学同級生MOさんからの葉書

解読結果は以下の通り。

***********************
拝啓
長らく御無沙汰したが変りはないか
僕も元氣で表記の所で国家の爲に
働いて居るから安心してくれ。
君等は八月に休暇があると言う事だ
がこちらではそんな暇もないよ
次に写真の事はよくわかった。しかし
まだもらいに行っておらない。それと
丸住、中村、日南、向井、新田等に陸士の第
一次試験に合格したよ。
ではさようなら
***********************

親元を離れ慣れない環境の中での勤労動員で体力的にも精神的にも相当疲れていると考えられるのだが案外元気そうである。
まあ、当然検閲されるのであるから元気なフリもしなければならなかったのかも知れないが…

呉海軍工廠でのMOさんたちの生活がどんな状況だったのかググってみたところ「NHK戦争証言アーカイブス」に以下の動画があった。
かならずしも勤労動員の日々の生活を映したものでは無いが、空襲の際の惨状など当時の状況が生々しく語られている部分もあり(長編ではあるが)是非ご覧頂きたい。

https://www2.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/shogen/movie.cgi?das_id=D0001150116_00000

 

 

投稿者: masahiro

1959(昭和34)年生まれ。令和元年に還暦を迎える。 終活の手始めに祖父の遺品の中にあった手紙・葉書の”解読”を開始。 戦前~戦後を生きた人たちの”生”の声を感じることが、正しい(当時の)歴史認識に必要だと痛感しブログを開設。 現代人には”解読”しづらい文書を読み解く特殊能力を身に着けながら、当時の時代背景とその大波の中で翻弄される人々が”何を考え何を感じていた”のかを追体験できる内容にしたい。 私達の爲に命を懸けて生き戦って下さった先達を、間違った嘘の歴史でこれ以上愚弄されないように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA