康男絶筆 昭和19年11月10日 比島への出陣直後下関市阿弥陀寺町音羽旅館から出された小包の荷札…

 

昭和19年10月31日に四国三島港(陸軍船舶司令部矢野部隊駐屯地)を出港した康男の部隊は一旦下関に逗留し11月9日に出陣となったのであるが、実際には11月10日に下関を出港したと思われる。
その際「不要衣類等返送小包」を実家の芳一宛に発送しているのだが、結果的にその時の「荷札」が康男の絶筆となってしまった。
もちろん芳一はその「荷札」を大事に保管していた。

 

康男絶筆①
康男絶筆②

遺書は遺っていない…
康男は生還を信じ、まだまだ遺書など書く段階だとは思っていなかったのであろう…

果たして親・家族にとって「遺書」が在ることが良いのか否かは判らないが、芳一が書いたと思われる【絶筆】の文字が悲しい…

因みに父親の命日が11月10日の小生にとっては偶然とは言え何かの因縁を感じずには居られないのである…

 

投稿者: masahiro

1959(昭和34)年生まれ。令和元年に還暦を迎える。 終活の手始めに祖父の遺品の中にあった手紙・葉書の”解読”を開始。 戦前~戦後を生きた人たちの”生”の声を感じることが、正しい(当時の)歴史認識に必要だと痛感しブログを開設。 現代人には”解読”しづらい文書を読み解く特殊能力を身に着けながら、当時の時代背景とその大波の中で翻弄される人々が”何を考え何を感じていた”のかを追体験できる内容にしたい。 私達の爲に命を懸けて生き戦って下さった先達を、間違った嘘の歴史でこれ以上愚弄されないように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA