昭和20年8月29日 終戦後…康男戦死の報せ届く…

前回投稿した昭和20年2月22日に三郎が両親に宛てた葉書を最後に、終戦までの約半年間は通信関係の書類は小生の手許には残っていない。
実際には三郎と実家とのやり取りはあった筈であるが、本土空襲の激化等戦況の著しい悪化により日本国内の混乱はピークに達しており、郵便物が正常には配達されなくなったことは想像に難くない。

上述の様な状態により本ブログは半年間の空白を置いて戦後に突入する…

 

戦死公報封筒表
戦死公報封筒裏

 

死亡告知書 留守担当者宛

***********************
死亡告知書
本籍 廣島縣雙三郡三次町一四五一番地
陸軍少尉 三原康男
右十一月十七日黄海南方方面ニ於テ戦死
セラレ候條此段通知候也
追而町長ニ對スル死亡報告ハ戸籍法第百十九條ニ依リ官ニ於テ處理可致候
昭和二十年八月二十五日

廣島聯隊區司令官 富士井末吉

留守擔當者 三原芳一 殿
***********************

 

死亡報告書 三次町長宛

***********************
死亡報告書
本籍 廣島縣雙三郡三次町一四五一番地
戸主         男 陸軍少尉 三原康男

右昭和十九年十一月十七日午後10時七分黄海南方方面ニ於テ戦死シタ
ルコトヲ確認ス
右報告候也
昭和二十年八月二十五日

廣島聯隊區司令官 富士井末吉

三次町長 殿
***********************

 

遺骨交附二関スル件通牒

***********************
遺骨交附ニ関スル件通牒
昭和二十年八月二十六日  船舶司令部矢野部隊長
廣島縣雙三郡三次町一四五一
三原芳一殿
左記者ニ係ル主題ノ件ニ関シ別途所轄联隊区司令部
ヨリ死亡通報アリタルモノト思料セラルルモ左ノ事由ニ依リ屍
體発見セラレズ遺骨ハ交附シ得ザルニ付右御諒承相願度

一、 戦死者官等級氏名生年月日
故陸軍少尉 三原康男(進級上申中)
二、 戦死日時場所      (午后十時0七分)
昭和十九年十一月十七日 二二・0七
黄海南方東経一二四・三四・五、北緯三三・三五海上
三、 屍體発見セラレザル理由
輸送途中敵ノ攻撃ニヨリ輸送船ト運命ヲ共ニセリ
***********************

 

死亡告知書 留守担当者宛②

***********************
死亡告知書
本籍 廣島縣雙三郡三次町
陸軍少尉 三原康男
昭和十九年
黄海南方
右十一月十七日東経一二四、三四五  ノ戦闘ニ於テ戦死
北緯三三、三ノ五海上
セラレ候條此段通知候也
追而町長ニ對スル死亡報告ハ戸籍法第百十九條ニ依リ官ニ於テ處理可致候
昭和二十年九月十日

廣島聯隊區司令官 富士井末吉

留守擔當者 三原芳一 殿
***********************

戦後突入の最初は哀しい報せ…
長男康男戦死の報せであった…

康男が配属されていた船舶司令部矢野部隊より添付画像のうちの「死亡告知書」(上2枚)と「遺骨交附ニ関スル件通牒」の3枚が昭和20年8月29日午前9時に芳一の許へ届いた。
二週間程後に戦死場所の正確な経緯を記したものが届いている。(添付画像4枚目)

終戦直後の混乱の中、このような通知・報告がされている事に少々驚かされるが、亡骸はおろか遺骨さえも無い別れである。
この報せを受けた時の芳一や千代子、敬、芳子の心情を想うと胸が押しつぶされそうな気持ちである。

康男は三次にある三原家の墓に遺髪と遺爪だけを残し、今も黄海南方の海に眠っている…

三原家累代之墓

 

投稿者: masahiro

1959(昭和34)年生まれ。令和元年に還暦を迎える。 終活の手始めに祖父の遺品の中にあった手紙・葉書の”解読”を開始。 戦前~戦後を生きた人たちの”生”の声を感じることが、正しい(当時の)歴史認識に必要だと痛感しブログを開設。 現代人には”解読”しづらい文書を読み解く特殊能力を身に着けながら、当時の時代背景とその大波の中で翻弄される人々が”何を考え何を感じていた”のかを追体験できる内容にしたい。 私達の爲に命を懸けて生き戦って下さった先達を、間違った嘘の歴史でこれ以上愚弄されないように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA