昭和20年9月8日 陸軍船舶司令部 矢野部隊長から… 康男の「生死不明トナリタル迄ノ経歴」

 

今回は前回投稿の陸軍船舶司令部矢野部隊長から芳一宛の手紙に同封されていた「生死不明トナリタル迄ノ経歴」である。

 

昭和二十年九月八日 生死不明トナリタル迄ノ経歴①
昭和二十年九月八日 生死不明トナリタル迄ノ経歴②

解読結果は以下の通り。

***********************
生死不明トナリタル迄ノ経歴
一、 生死不明トナリタル日時場所
昭和十九年十一月十七日二十二時0七分 黄海南方 東経一二四・三四・五 北緯三三・三五 海上
二、 生死不明トナリタル前後ノ状況
昭和十九年十一月十五日 〇〇隊要員トシテ陸軍輸送船 江戸川丸(輸送指揮官 河滿
大尉)ニ乗船シ 同日十六・00頃 大連港ヲ出帆シ「マニラ」ニ向ヒ航行中 十一月十七日二二・
0七分江戸川丸ハ前記海上ニ於テ敵潜水艦ノ魚雷攻撃ヲ受ケ遂ニ同船
右舷側三番艙ニ被雷大音響ト共ニ爆發浸水シ機関モ亦停止セリ
次テ甲板上ノ舟艇・自動車等ニ引火シ火災ヲ生起スルニ至レリ被雷直後全員
警急集合所タル左舷甲板上ニ集合シアリシモ輸送指揮官ノ退船命令ニ據リ
海中ニ飛込ミ退避セルモノノ如シ 江戸川丸ハ翌十一月十八日 0一・三0頃 艏部ニ積
載シアリシ爆雷ニ引火セルモノノ如ク大爆音ト共ニ沈没セリ
退船者ハ船中ヨリ投出或ハ流出浮上セル筏木片 浮胴衣等ニ據リ漂流中
同日0三・00頃ヨリ一三・00頃ニ至ル間護衛艦タル海防艦一、掃海艇一ニ依リ乗
船者二千余名中一九六名ヲ救助セリ引續キ附近海面ヲ捜索セルモ他ハ發見スルニ
至ラズ 當時天候和風程度ニテ良好ナリシモ闇夜ナリ
三、 採リタル捜索手段
被雷當時敵潜水艦ノ攻撃は執拗ニシテ護衛艦ハ驅潜並ニ他ノ船舶ノ護衛ニ任シ
タリシ為僚船鎮海丸専ラ遭難者ノ救助ニ任シアリシモ之亦敵潜ノ為撃沈セラレタリ
十八日0三・00頃ヨリ護衛艦ハ救助ニ着手セルモ闇夜ノ為意ノ如クナラズ依テ一時
之ヲ中止 天明ヲ待チ再ビ救助ヲ開始セリ
然ルニ朝来風速加ハリ波浪髙ク捜索困難トナリタルモ極力遭難地点ヲ中心
トセル海域ノ捜索ニ努メシ結果一九六名を救助セルモ他ハ何等ノ手掛ナク同日
一三・00頃捜索ヲ中止シ十一月二十日上海ニ入港セリ
***********************

因みに康男が乗船していた「江戸川丸」は「ミ二十七輸送船団」であり、船団の状況等以下サイトをご覧頂きたい。

http://www.jsu.or.jp/siryo/sunk/pdf/mi27.pdf

戦時下であり敗戦の状況は徹底的に隠蔽されたのであろう。恐らく司令部はこの状況を発生直後には把握していた筈であるが、芳一は十か月程経過した終戦後に報らされている。
その間の家族とりわけ母千代子の心労は大変なものであったであろう。
そして最終的には「戦死」の報せ…
家族の悲しみは計り知れないほどに大きかったに違いない。

当時この様な状況が日本各地の家庭で起こっていたのである…

 

投稿者: masahiro

1959(昭和34)年生まれ。令和元年に還暦を迎える。 終活の手始めに祖父の遺品の中にあった手紙・葉書の”解読”を開始。 戦前~戦後を生きた人たちの”生”の声を感じることが、正しい(当時の)歴史認識に必要だと痛感しブログを開設。 現代人には”解読”しづらい文書を読み解く特殊能力を身に着けながら、当時の時代背景とその大波の中で翻弄される人々が”何を考え何を感じていた”のかを追体験できる内容にしたい。 私達の爲に命を懸けて生き戦って下さった先達を、間違った嘘の歴史でこれ以上愚弄されないように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA