閑話休題 なんの因果か…

拙いブログを綴り始めて凡そ一年になる。

母とその家族の残した手紙や葉書を読み解きながら第二次世界大戦末期の我国と庶民の様子を少しでも追体験していただけたら…と考えて始めたのだが、なんの因果か現在世界はまさかの”新型コロナ世界大戦”の真っただ中にある。

昨年8月30日の投稿で「75年前の愛でられなかった桜」の話をしたのだが、

https://19441117.com/2019/08/30/

悲しい事に令和に改元されて最初の満開となる今年の桜たちも「愛でられなかった桜」となってしまっている。
まぁ、実際の所は当時も現在も”花見の宴会”が自粛されただけで、個人的に「愛でて」いる方々は結構いらっしゃる筈ではあるが、しかし、やはり、刹那に咲き誇る「桜」の下での宴は日本の心情でありそれを封印せざるを得ないのは本当に残念である。

オリンピックに関しても昭和19年(1944年)はロンドンオリンピックが中止されており、その4年前の昭和15年(1940年)の東京オリンピックも中止になっているのである。

https://19441117.com/%e4%b8%89%e7%94%b7%ef%bc%88%e4%b8%89%e9%83%8e%ef%bc%89/%e4%b8%89%e9%83%8e%e3%80%80%e6%8c%af%e6%ad%a6%e5%8f%b0%e6%97%a5%e8%a8%98%e3%80%80vol-4/

今回の「東京オリンピック」は中止ではなく延期であるが、それにしても異常事態である。

東京近郊ではそろそろ葉桜になり始めた「桜」であるが、この時期各地の「桜」の下で再会されているであろう英霊の方々も少々寂しい思いをされているのではないだろうか…

 

投稿者: masahiro

1959(昭和34)年生まれ。令和元年に還暦を迎える。 終活の手始めに祖父の遺品の中にあった手紙・葉書の”解読”を開始。 戦前~戦後を生きた人たちの”生”の声を感じることが、正しい(当時の)歴史認識に必要だと痛感しブログを開設。 現代人には”解読”しづらい文書を読み解く特殊能力を身に着けながら、当時の時代背景とその大波の中で翻弄される人々が”何を考え何を感じていた”のかを追体験できる内容にしたい。 私達の爲に命を懸けて生き戦って下さった先達を、間違った嘘の歴史でこれ以上愚弄されないように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA