三郎 振武台日記 vol.5

三郎の振武台日記の第五弾。

入校後5日が経過し振武台での生活にも少しづつ慣れてきた様子。

今回は日記に加え、先日遺品整理をしていたところ陸軍予科士官学校が振武台に移転になった際の朝日新聞の切り抜きが出てきたのでそちらも投稿する。

まずは3月1日の日記から。

昭和19年3月1日 三郎の日記

解読結果は以下の通り。

********************
  三月一日 水
朝起床後大分動作が敏しょうに
なった様な気がする。だが仲々
急がしい。午前中は教
練の租(素?)養試験あり。天
気晴朗にして非常に気持良
し。だが昨日の体操がこたえて
体の節々がいたい。午後は二千
米マラソン。記録十七分三十一秒
も少しで上級の所惜しい事
をした。そのお蔭で体が又い
たくなった。が我ハ将校生徒なり
だ。中隊長殿の個人指導あり。力一杯決心を
述べた。火災呼集あり。
     (訓示)進んで常堀下に入ること
********************

概ね読めたのだが、最後の”進んで常堀下に入ること”の”常”が正しいかどうか分からない。”火災発生時に濠(堀)に入れ”の意味だと思うのだが…。

起床後の行動にも漸く慣れてきた様子。
激しい訓練も”昨日の体操がこたえて体の節々がいたい。”などと云いながらも”我ハ将校生徒なりだ”と自身を鼓舞しながら頑張っている。
因みに体操であるが、小生が高校生の頃にやっていた体操と大差ないものと思いきや、前回の投稿の最後に紹介したNHKアーカイブスの動画で見る限りそんな生易しい体操ではなく、かなり難度の高い運動をやっていることが分かった。あれは節々が痛くなるであろう。

2キロマラソンのタイムが17分31秒とあるが、普通にトラックを走るだけなら8~9分程度だと思うのだが…。この記録が本当なら恐らく行軍用の重装備をしたうえでか、或いは障害物のあるマラソンだったのではないだろうか。

続いて、昭和16年11月2日の朝日新聞の切り抜き。

昭和一六年十一月二日 陸軍予科士官学校 振武台へ移転時の新聞切抜

かなり読み辛いので多少長文ではあるが内容を以下に転記する。

***********************
陸軍豫科士官学校
 朝霞町[埼玉]に移転完了
   きょうから校務を開始

明治七年創設以来ここに六十有八年陸軍の鳳雛搖監の学舎として尚武の歴史と伝統を誇った陸軍予科士官学校は今回いよいよ思出深い市谷台を去って埼玉県北足立郡朝霞町に移転することになった、
今回同校移転の理由はさる昭和十二年当時の陸軍士官学校本科、豫科がそれぞれ独立して陸軍士官学校と同豫科士官学校の両校に分れ陸軍士官学校が神奈川県座間に移転した、現在の同校が既に市街地の真中に位置し近代戦闘方式を演練するには付近には適当な演習場がなく不自由を続けていたうえ将来皇軍の中核となる将校生徒らの精神教育の訓育上から見て市街地は芳しくないという二つの理由からしてすでに陸軍士官学校が相武台に移転した当時から東京近郊に皇軍将星の搖監舎に相応しい移転先を物色していたが候補地として朝霞ゴルフ場に白羽の矢が立ち今春以来建設を急ぎこのほどほぼ完成を見たので十月中旬から引越しを始め昨一日で引越しを終り、本二日からいよいよ木の香もかんばしい新校舎で校務を開始する運びとなった
朝霞ケ原の新校舎は朝霞ゴルフ場跡で西方には朝な夕な富嶽の靈峰を仰ぎつつ指呼の間に秩父の連峰を望み…土地の起伏、松樹林の点在…昔ながらの武蔵野の名残をとどめ風光明媚の好適地であり、演習上からも訓育上からも真に皇軍を背負う将校生徒の“鍛錬道場”に相応しい浄地である、校舎の敷地は四十万坪で付属練兵場は八十万坪、合して廣袤百二十万坪にわたっている、陸軍将校にとって極めて印象深い
陸の精鋭搖監の地『市谷台』の歴史を繙けば市谷台は旧尾張候の下屋敷跡であって明治七年十月二十七日『陸軍士官学校條例』が制定せられ従来あった兵学寮を改め陸軍士官学校として市谷に校舎を新築した、それがそもそもの『市谷台時代』のはじまりである
明治十一年六月十日新校舎が完成開校の式典をあげた(開港記念日)同年七月三日には畏くも明治天皇の初の親臨を仰いで第一期士官生徒の卒業證書授与式が挙行された、明治二十九年『陸軍幼年学校條例』が発布せられて従来の陸軍幼年学校を陸軍中央幼年学校と改称、大正九年八月十日時代の進運に伴い陸軍士官学校令を改定せられて本科、豫科の二科を置きこれまでの中央幼年学校は陸軍士官学校豫科となった、昭和十二年十月二日陸軍士官学校本科が独立『陸軍士官学校』として神奈川県座間に移転したので市谷台に新たに『陸軍豫科士官学校』が創設せられ現在におよんでいる
なお陸軍豫科士官学校跡の市谷台には陸軍省 参謀本部などが近く移る予定である
***********************

まず興味深かったのは、句点“。”が記事中に一つもなく、読点“、”或いは“無表記”となっていることである。句読点の使用は明治以降に始まったものらしいが、上記記事や投稿している手紙・葉書を見る限りその使用ルールはあまり明確になっていなかったようである。一見大きな影響は無い様にも思うが、細かい部分では文意の相違等が出てくるのも事実である。

難読と云うよりは小生の知らない文字・熟語が沢山出てきたので、恥を覚悟で以下に記す。
・鳳雛搖監(ほうすうようらん):鳳凰の雛がゆりかごいる様子のことで、将来有望な少年が大切に育てられる学舎を指す。
・靈峰(れいほう):意味は知っているがこの漢字(靈)は初めてみた。
・指呼の間(しこのかん):指差して呼べば聞こえるくらいの距離のこと。
・廣袤(こうぼう):幅と長さのこと。横縦。

建設に関しては”今春以来建設を急ぎ”とあり一年足らずで完成したような記事になっているが、ググった限りでは”700日で完成させなければならなかった”とあり日数的に大きな開きがある。”こんな短期間で完成させた”と軍部の威信を張りたかったのであろうか。

余談であるが、小生は40年ほど神奈川に住んでおり相鉄線の相武台駅も何度か利用したことがあるが、こんなに由緒ある地名だとは知らなかった。今度行ったらつぶさに散策してみたいと思う。

投稿者: masahiro

1959(昭和34)年生まれ。令和元年に還暦を迎える。 終活の手始めに祖父の遺品の中にあった手紙・葉書の”解読”を開始。 戦前~戦後を生きた人たちの”生”の声を感じることが、正しい(当時の)歴史認識に必要だと痛感しブログを開設。 現代人には”解読”しづらい文書を読み解く特殊能力を身に着けながら、当時の時代背景とその大波の中で翻弄される人々が”何を考え何を感じていた”のかを追体験できる内容にしたい。 私達の爲に命を懸けて生き戦って下さった先達を、間違った嘘の歴史でこれ以上愚弄されないように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA